猛暑が続きます

例年繰り返しになりますが、「仙台の夏は涼しい」そんな言葉が遥か遠くに思えるほど、ここ数年は猛暑が続いています。

むろん夏なのですから暑くて当然という猛者もおられるでしょうが、昨今の様にクーラーが普及して「正しい汗」を掛けなくなりつつある現代人にとって、きちんとした水分の摂り方をしないと「熱中症」という怖い病気に見舞われるケースが増えて来ています。
熱中症は、高温・脱水・疲労などが引き金になって、発汗不良・発熱・筋けいれんを生じ、最悪の場合死にいたるケースも報告されている疾患です。この症状を予防するには、十分睡眠を摂り、涼しい環境で過ごす事の他に、飲水が重要となります。特にこの時、適度の糖分・塩分を含んだ水分を摂ると熱中症予防に効果的です。
そうそう糖尿病の方は、カロリーの摂りすぎにならない様に、ほんの少しお塩を加えた麦茶などを飲んで頂くのがお勧めですね。
再載